紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(314)響 旧ボトル

購入年月日:2020年12月27日

購入場所:ヤフオク 個人

購入価格:ミニボトル54本セット 8,999円(税込)で落札。
_20201229_142315

送料(別途)1,330円 ゆうパック
商品状態:状態は良
原料:モルト・グレーン
度数、容量:43%、50㎖ 
輸入者又は製造者:サントリー株式会社

今日は、響の旧ラベルのミニボトルです。このボトルが目当てで、54本組のミニボトルを落札しました。ラベルは古ぼけていますが、澱などはありません。

f:id:uribouwataru:20210321144050j:plain

 フルボトルと同じように綺麗なガラスの瓶に入っています。

f:id:uribouwataru:20210321144109j:plain

 裏のラベルは文字がかすれかけていて良く読めません。

f:id:uribouwataru:20210321144127j:plain

f:id:uribouwataru:20210321144147j:plain

〇開封

プラキャップなので、開封は楽でした。変なキャップ臭もありません。

〇色合い
綺麗な琥珀色。濁りや澱もなく綺麗な色合いです。

〇香り
香木を思わせるような深みのある香り。やや甘い香りです。

〇味わい
コクのあるオイリーなまったりとした味わい。いきなり深い甘さがアタックしてきます。すごく後を引く美味しさです。香木の香りとバーボンのような甘い香りがコクのある味わいと絡まって、喉に滑り落ちていく感じです。飲み進めていくと、ピーティーな感じも少し余韻として現れます。すべての余韻がオーケストラの響きのように重層的に、かつ反復的に訪れます。久しぶりにウィスキーを飲んで感銘を覚えた気がします。

〇総合評価
ブレンデッドウィスキーとして、国内の作品としては完成形に近いレベルではないでしょうか?とにかく旨い。50㎖はワンショット以上の分量がある訳ですが、テイスティングしながら飲んでいるつもりですが、なくなる速さが尋常じゃないです。どんどん飲めてしまいます。
 
シェリー感は、現行や1つ前の山崎12年より上かもしれません。飲むたびに違う特徴が顔出す感じで、ある意味捉えようがありません。美味しいけど複雑な味わい。またその複雑さがウィスキー飲みには至高の喜びにつながるような複雑さです。最近飲んだブレンデッドの中では、最高の評価を贈りたいと思います。このボトルは、ヤフオクでもミニボトルでも、いい値段がついているのが納得できる気がします。今回同時に落札した他の51本のボトルが、全部ハズレでもこの1本で元が取れた気がします。



次のブログランキングに参加しています。クリックいただけると とってもうれしいです!

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ