紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(269)ホワイトホース 特級表示

今日は、ホワイトホースの760㎖、43%の特級表示のフルボトルです。以前ミニボトルは取り上げたことがありますが、フルボトルは今回が初めてです。東京の自宅に箱付きの状態の良いボトルがありましたので開けてみました。
DSC_1002
結構な年数が経過しているのにもかかわらず、状態は大変良いです。箱も綺麗です。

f:id:uribouwataru:20210219001036j:plain

DSC_1007
グレーンウィスキーが結構入っているためか、キーモルトのラガヴーリンの面影は、微かに感じられる程度です。
DSC_1004

 でも、これほどバランスが取れて美味しいブレンデッドもそうないと思います。あまったるくなく、辛口でしかもラガヴーリンほど癖がない。これなら毎日飲んでも飽きずに飲めそうな気がします。

f:id:uribouwataru:20210219001219j:plain

f:id:uribouwataru:20210219001330j:plain

f:id:uribouwataru:20210219001419j:plain

綺麗な琥珀色。これぞまさにザ・ウィスキーといった感じです。オークションでもそほど高くなく、現在でも手に入れることができます。ストレートで良し、水割りで良し、ハイボールも美味しい。オールマイティなブレンデッドです。            

映画監督の黒沢明監督が愛したことでも有名な、ホワイトホース。最近、ともすればウィスキーが主役を張りたがる世の中ですが、脇役でも大切な役割を果たしてきたような気がするお酒です。                              

現在、日本のウィスキーは、少しでも美味しいとバカみたいな値段でプレミアムになったり、全く手に入らなくなったり。難しい流通事情とか需要のバランスの問題もあると思いますが、是非関係者一同には2~3千円でこのボトルを買っていただき、味わい、ウィスキーの根本的な意義を考えて欲しいと思います。               

今この文章を書きながら、グラスに2杯目を注いだところです。澄んだ麦の香り、程よいスモーキさとコクのある味わい。ドライだけど後味はやや甘めでもくどくない。日本酒でも一番価格帯の安い真澄や立山、浦霞などを気兼ねなく飲んでいる感じです。 紙パックの日本酒や何リットルも入っているハイボール用のウィスキーでは決して味わえないごちそうのようなウィスキーではないでしょうか。                                                         

 

次のブログランキングに参加しています。クリックいただけるととってもうれしいです!      

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

    f:id:uribouwataru:20210228104305p:plain