紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(191) ザ・マッカンガス5年

今日は、セットで購入したマッカンガスです。記録が消えてしまいましたので、記憶の範囲ですが、恐らく一本当たり1,000~1,500円くらいで落札したと思います。

DSC_3361

マッカンガスは、日本向けに作られたブランドで、シーバスリーガルの新しいブランドにブレンドされた4つの候補のうち、1つはシーバスに採用され、採用されなかった3つのうちの1つをマッカンガスとして日本市場に投入したとのことです。

DSC_3362

ブレデッドウィスキーで価格帯の安いのは、グレーンウィスキーの風味が強すぎて、しつこい感じがするものも多いのですが、このウィスキーはさっぱりとした飲み口で後味も爽やかです。

DSC_3363

非常でライトでありながら、ウィスキーのモルティな風味もしっかり残していて、美味しく飲めます。シーバスリーガルは甘くてまったりとした味わいなのに対して、マッカンガスはやや甘めの風味の中に、かろやかな麦の風味が爽やかに広がります。

5年ものと12年物がラインアップされていますが、5年ものでさえ、ストラスアイラやラガヴーリン、グレンロセスなど7種類のモルト原酒が使用されているそうです。

最近、ブレンデッドは安い価格帯の物ばかり買っているせいか、当たりボトルに見放されている感がありました。このボトルは久しぶりに美味しくいただけたと思います。是非とも12年物も手に入れて飲んでみたいです。