紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ブログ1周年記念

今日が6月の最終日。ざっくりブログを始めて1年が経過しました。たいした記事は書けませんでしたが、ほぼ私の買った着物生地と飲んだウィスキーの忘備録のような形で1年が過ぎた気がします。

DSC_2205

自宅の東京と愛知県の豊田市を行ったり来たりしながら、ウィスキーを飲み歩いたり、着物の生地を集めたりと、あっという間だったと思います。

DSC_0605

着物の生地は、置く場所がなくなってきたため、最近はあまり買わなくなっています。それでも過去購入した膨大な数のコレクションは、1年かけてもご紹介しきれなかったと思います。

一方、ウィスキーもオークションで買うウィスキーは、ブレンデッドの安い価格の物ばかりでしたが、豊田市のバー、ロンケーナさんでいただくウィスキーは、シングルモルトの逸品が多かったと思います。

ロンケーナさんでは、ウィスキーにまつわるいろいろな逸話も紹介いただけるので、単にウィスキーを飲むだけでなく、広がっていく会話もとても楽しいものがありました。

バーのカウンターで飲んでいると、いろいろな人が次から次へとやってきて、ビールやブランデー。カクテルやラム酒などウィスキー以外の幅広いお酒を楽しんでいる人がいて、とても興味深かったです。

わたしも、あまりカクテル類は飲まない方でしたが、モヒートはとても美味しく、2杯続けていただいたこともありました。まだまだ知らないウィスキーやカクテルの類は山のようにあると思います。少しずつ、時間とお金が許す限り楽しんでいけたらと思っています。