紬とウィスキー ~ウイスキーブログと着物生地のブログ~

愉しめるウィスキーや素敵な紬生地など中心にご紹介していきます! よろしくお願いいたします。

ウィスキー(129)ラガブーリン旧ボトル ホワイトホース表記

今日は豊田市のバー、ロンケーナさんでラガヴーリンの旧ボトルをいただきました。ホワイトホース表記の旧ボトルはオークションで2万円以上し、中々手が出ませんでした。マスターが優しいお値段で提供して下さいました。

2019-12-07-10-00-05-111

中々上手く写真が取れませんでした。マスターからFoodieというソフトを教えていただき、補正してなんとかこのくらいまで加工することが出来ました。

f:id:uribouwataru:20210627172637j:plain

750㎖の43%バージョンの旧ボトルです。現行のラガヴーリンと較べると、磯っぽさやスモーキーさは共通していますが、後味の甘みが旧ボトルの方がより強く感じます。味わいもまろやかです。

f:id:uribouwataru:20210627172649j:plain

向かって右が旧ボトルで、左側が現行品です。ラベルのいでたちは大差ないように見えますが、旧ボトルにはホワイトホースの文字が記されています。

f:id:uribouwataru:20210627172702j:plain

ラガヴーリンは、ブレンデッドウィスキーの雄、ホワイトホースのキーモルトで、映画監督の黒澤明さんが愛したウィスキーとしても有名です。亡くなる前の日まで飲んでいたとか、三船敏郎さんと2人でボトル3本開けたとか・・・伝説のような逸話が残っています。

私個人としては、旧ボトルに2万円近くまで多く出す価値は感じません。ウィスキーとしての味わいでは、どちらもアリなので、同じ値段なら、旧ボトルを選ぶかもしれませんが、2回に1回は現行ボトルも飲んで見たくなります。私にとってはその程度の差でしかありません。今のオークション市場は過熱気味です。少し落ち着いてから旧ボトルを仕入れてゆっくり飲んで見たいと思います。

/* * はてなブログに「音読する」ボタンを追加する ** 使い方 - 以下をコピーして デザイン編集 → カスタマイズ → フッタHTML に貼り付け ** 注意 - Web Speech API非対応のブラウザでは音読できません */ function speak (e) { speechSynthesis.cancel(); // Chromeで初回実行時にspeechSynthesis.pause()できない問題を解消するため、空文字で一度speechSynthesis.speak()しておく var empty_utter = new SpeechSynthesisUtterance(''); speechSynthesis.speak(empty_utter); var utter = new SpeechSynthesisUtterance(this.body); speechSynthesis.speak(utter); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', this); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } function pause (e) { speechSynthesis.pause(); e.currentTarget.textContent = '再開する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', pause); e.currentTarget.addEventListener('click', resume); } function resume (e) { speechSynthesis.resume(); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', resume); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } (function () { if (!window.speechSynthesis) return; document.querySelectorAll('article.entry').forEach(function (article) { var button = document.createElement('button'); button.type = 'button'; button.className = 'btn'; button.textContent = '音読する'; button.style = 'float: right'; article.querySelector('header').appendChild(button); var body = article.querySelector('.entry-content').textContent; button.addEventListener('click', { handleEvent: speak, body: body }); }); })(); Footer © 2022 GitHub, Inc. Footer navigation Terms Privacy Security Status Docs Contact GitHub Pricing API Training Blog About