紬とウィスキー ~ウイスキーブログと着物生地のブログ~

愉しめるウィスキーや素敵な紬生地など中心にご紹介していきます! よろしくお願いいたします。

ウィスキー(724)カティーサーク ストーム

ウィスキー名:カティーサーク ストーム

容量、度数:30㎖、40%

販売者:Shot Bar Online HITOKUTI WHISKY

 

今日は「カティーサーク ストーム」をご紹介いたします。Shot Bar Online HITOKUTI WHISKYさんの量り売りです。 

ひとくちウイスキー 量り売り専門通販サイト

f:id:uribouwataru:20220411132332p:plain

Shot Bar Online HITOKUTI WHISKYのホームページより

『オリジナルのカティサークに比べ長期熟成された、マッカラン等を含む高級シングルモルトウイスキーと高品質なグレーンウイスキーをブレンドして作られたカティサーク。
モルトウィスキーの比率を高めることにより、印象深くて力強い、リッチな味わいを楽しむことができる。

☆応援ぽちっとよろしくお願いいたします➡

 

 

では実際に飲んで行きましょう~

 

<色合い>

  • 綺麗な薄めの琥珀色



<香り>

  • 微かに爽やかな若葉の香り

 

<味わい>

  • 最初に甘辛いブレンドウイスキーならではの味わい
  • それでいてやや深みのある味わい
  • コクもありしっかりした味わいが感じられます
  • 加水すると、少し甘さが増しますが、飲みやすくなります。うっすらとした苦みの中に、ブレンデッドウイスキーならではの、カルメ焼きのような味わいがドライに続きます
  • 加水後の余韻は、すっきりとした仄かな甘みが静かにに残ります

 

アマゾンでは3,000円くらいで販売されていて、スーパーで1,000円ちょっと買える黄色いラベルのカティーサークよりは、かなり飲みやすく、コクのある味わいになっていると思います。

黄色ラベルのカティーサークを飲まれている方にとっては、かなり深く、マイルドな味わいに驚かれるかもしれません。

ただし、3,000円を超えるお値段となると、シングルモルトウイスキーでも安い価格帯のものが結構手に届きます。

従って、グレーンウイスキーの味わいに引っ張られる部分がお好きでない方は、安い価格帯のシングルモルトウイスキーやブレンデッドモルト(シングルモルトウイスキーを複数ブレンドしたもの)を選ばれた方が、麦自体の本来の味わいが楽しめて良いかもしれん。

まあ、こればかりは好みの問題で、もともと庶民が買えるブレンデッドウイスキーの王道の味わいは、このような味わいが基本でした。

シングルモルトウイスキーがここまで注目を集める以前、おそらく70年代~80年代の感性からすると、飲みやすくコクがあり美味しいウイスキーになるのだと思います。

また、麦茶だけでなく、十六茶とか様々な穀物の味わいをブレンドしたものがお好きという方もいらっしゃると思います。そういう嗜好の方にとっては、ブレンデッドウイスキーは、とても味わい深いウイスキーと思われるかもしれませんね。

 

3,000円で買えるウイスキーの価値感をどうとらえるか、ということになると思いますが、ウイスキーを飲み始めた方には、グレングラントアルボラリスなどの方が、より安く、より飲みやすく、アプローチしやすいウイスキーだと思います。

逆に60代以降の方にとっては、懐かしい味わいで、これはこれでよろしいのではないでしょうか。

 

uribouwataru.com

 

uribouwataru.com

 

次の3つのブログランキングに参加しています。
クリックいただけると とってもうれしいです!
 
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

/* * はてなブログに「音読する」ボタンを追加する ** 使い方 - 以下をコピーして デザイン編集 → カスタマイズ → フッタHTML に貼り付け ** 注意 - Web Speech API非対応のブラウザでは音読できません */ function speak (e) { speechSynthesis.cancel(); // Chromeで初回実行時にspeechSynthesis.pause()できない問題を解消するため、空文字で一度speechSynthesis.speak()しておく var empty_utter = new SpeechSynthesisUtterance(''); speechSynthesis.speak(empty_utter); var utter = new SpeechSynthesisUtterance(this.body); speechSynthesis.speak(utter); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', this); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } function pause (e) { speechSynthesis.pause(); e.currentTarget.textContent = '再開する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', pause); e.currentTarget.addEventListener('click', resume); } function resume (e) { speechSynthesis.resume(); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', resume); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } (function () { if (!window.speechSynthesis) return; document.querySelectorAll('article.entry').forEach(function (article) { var button = document.createElement('button'); button.type = 'button'; button.className = 'btn'; button.textContent = '音読する'; button.style = 'float: right'; article.querySelector('header').appendChild(button); var body = article.querySelector('.entry-content').textContent; button.addEventListener('click', { handleEvent: speak, body: body }); }); })(); Footer © 2022 GitHub, Inc. Footer navigation Terms Privacy Security Status Docs Contact GitHub Pricing API Training Blog About