紬とウィスキー ~ウイスキーブログと着物生地のブログ~

愉しめるウィスキーや素敵な紬生地など中心にご紹介していきます! よろしくお願いいたします。

明日から新年度になります~当面の課題についてまとめました!

いつも大変お世話になっております。このブログもなんとか7月でまる3年経過します。あと3か月ですが、なかなかブログの記事を毎日アップするのは、難しい気がします。最近では夜中の0時に1記事。お昼(11時30分頃)に1記事、合計2記事、1日にアップするようにしています。

 

アクセス数は、ひと月約1万~1万2千で、ウイスキーの記事と着物生地の記事を1日交代でアップしています。それに、お昼に雑記を挟む感じにしています。

 

今日は4年目を迎えるにあたって、ブログの課題についてまとめてみました。

 

➀3か月分の記事の素材を準備する~イスキーの準備

明日から、新年度になり7月1日のブログ4年目に向けて、4月、5月、6月の3ケ月の記事をどうするかということが大きな課題でしたが、あらたなウイスキーの量り売りのお店を見つけることが出来て、なんとかウイスキーの目処はつきました。

uribouwataru.com

 

②3か月分の記事の素材を準備する~着物生地の準備

着物生地の所有数は1,000以上はあると思います。主に2013年~2016年頃に集めたものが中心ですが、最近も数は少ないですが、気になる着物があればオークションで落札して、解いて生地として保管するようにしています。平均するとひと月に1生地くらいのペースです。

 

まずは、生地の整理を徹底して、過去の記事と重複しないようにブログにアップするものを整理して、写真を撮っていくことから始めたいと思います。3か月分の生地としては、反物も含めて45生地を探して、整理することです。

すでに7生地は見つけて写真撮影は済ませましたので、残りは38生地。反物は手元に出ているだけで10以上ありますから、着物生地の準備もなんとかなりそうです。

 

③写真の準備について

最近、写真のブログへのアップ容量が、月末最終日を迎える前に、いつも限度オーバーになってしまいます。

なるべく計画的に準備するようにしていますが、着物の生地の写真が多いためか、残りのアップ容量が無くなるのがどうしても、月末25日頃になると厳しくなってしまいます。

今までは、数アップすれば、少しは実物に近い写真を載せるころができると考えていましたが、写真撮影用のボックスも購入したので、写真の精度を上げることにより、写真の枚数を減らしていけたらと思っています。

 

 

④記事のボリュームについて

検索を意識すると、2000文字が目途になるようですが、以前グーグルのディスカバーで取り上げられた時の記事の文字数は700文字程度だったと思います。

むしろ、ボリュームにこだわるよりは内容が分かりやすい方が良いかな、と思っています。

こだわって調べたりする場合やまとめたりする場合を除き、あまり文字数にはこだわらないで行きたいと思います。

 

⑤雑記の『経験』『体験』重視の運営について

毎日お昼にアップする『雑記』については、実際に起こったことや工夫している点。

自分自身で作ったものや、取り組んだことについて、まとめていきたいと思います。

ミシンで作る小物、着物生地の活用方法、ウイスキーの美味しい飲み方やこぼれ話など、いろいろ工夫して取り組んでい行きたいと思います。

また、支援活動やハンドメイド作家の方々の素敵な作品、ブログメンバーの方のご紹介いただいたものを購入した感想などにも、力を入れていきたいと思います。

 

こんな感じで頑張りまので、お時間が許す時は、ご訪問いただけると嬉しく思います。

引き続き宜しくお願い致します。

 

次の2つのブログランキングに参加しています。クリックいただけると とってもうれしいです!
 
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
/* * はてなブログに「音読する」ボタンを追加する ** 使い方 - 以下をコピーして デザイン編集 → カスタマイズ → フッタHTML に貼り付け ** 注意 - Web Speech API非対応のブラウザでは音読できません */ function speak (e) { speechSynthesis.cancel(); // Chromeで初回実行時にspeechSynthesis.pause()できない問題を解消するため、空文字で一度speechSynthesis.speak()しておく var empty_utter = new SpeechSynthesisUtterance(''); speechSynthesis.speak(empty_utter); var utter = new SpeechSynthesisUtterance(this.body); speechSynthesis.speak(utter); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', this); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } function pause (e) { speechSynthesis.pause(); e.currentTarget.textContent = '再開する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', pause); e.currentTarget.addEventListener('click', resume); } function resume (e) { speechSynthesis.resume(); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', resume); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } (function () { if (!window.speechSynthesis) return; document.querySelectorAll('article.entry').forEach(function (article) { var button = document.createElement('button'); button.type = 'button'; button.className = 'btn'; button.textContent = '音読する'; button.style = 'float: right'; article.querySelector('header').appendChild(button); var body = article.querySelector('.entry-content').textContent; button.addEventListener('click', { handleEvent: speak, body: body }); }); })(); Footer © 2022 GitHub, Inc. Footer navigation Terms Privacy Security Status Docs Contact GitHub Pricing API Training Blog About