紬とウィスキー ~ウイスキーブログと着物生地のブログ~

愉しめるウィスキーや素敵な紬生地など中心にご紹介していきます! よろしくお願いいたします。

SMWSのテイスティング結果

3月19日は夕方から、SMWS(スコッチモルトウイスキーソサエティ)のテイスティングセミナーがありました。

f:id:uribouwataru:20220319200309j:plain

ズームでの参加方式で、接続準備に若干手間取りましたが、なんとかうまく接続することができました。

 

さて、それではウイスキーの試飲に移ります。

今回の試飲は10種類もあります。

予定アイテムは:B3.6 / 4.287 / 73.123 / 78.50 /113.35 / RW3.2 / 93.165 / 5.79 / 59.65 / 100.27 となっており、おそらくこの順番でテイスティングしていくのかな?という気がします。

 

最初は➀B3.6 ¥13,750 バーボンウイスキー

以下すべて、SMWSのホームページより抜粋

発売日 2022.3.4
熟成年数 4 Years
蒸留年 2015
カスク New oak barrel / Charred
地域 Arkansas
ボトリング本数 216
アルコール度数 57.3%

f:id:uribouwataru:20220319143659p:plain

■感想■
Arkansasということは、アメリカのウイスキー。Bの記号はバーボンの意味だそうです。
バランスの取れた美味しいバーボンでした。
甘い上品な香りが印象的でした。

 

 

次が②4.287 ¥13,200 ハイランドパーク 

発売日 2022.3.4
熟成年数 11 Years
蒸留年 2009
カスク 1st Fill Barrel / Bourbon
地域 Islands
ボトリング本数 254
アルコール度数 62.8%

f:id:uribouwataru:20220319151455p:plain

■感想■
4番の蒸留所は、ハイランドパーク。最近のオフィシャル12年は水っぽくて好きではないのですが、このボトルはいかがでしょうか?
SMWSの橋本さんは、すごく塩味を感じると言われていました。私は、微かに感じる程度で、人によってウイスキーの味わいの感じ方って、異なるんだなとつくづく思いました。
ドライでスパイシーで、アイラモルトのようなヨード系の風味をわずかに感じますが、全体的に少し若い感じがします。
それでも、現行の12年のボトルよりは、個性を感じる気がします。
 
 
次が③73.123 ¥12,650 オルトモア 
発売日 2022.3.4
熟成年数 10 Years
蒸留年 2011
カスク 1st Fill Barrel / Bourbon
地域 Speyside
ボトリング本数 183
アルコール度数 63.11%

f:id:uribouwataru:20220319151609p:plain

■感想■
73番の蒸留所は、オルトモア。
今回のテイスティングで一番おいしく感じたボトルです。
いかにもスペイサイド系のウイスキーといった感じで、安心して美味しく飲めるウイスキーといった感じです。
テイスティングした方々の中には、もう少し熟成感が欲しいといった意見もありましたが、フルーティーで華やかなコクのある味わいは、私は十分美味しいレベルに達していると思います。
これ以上樽感が出ても、しつこい感じがしますので、このくらいが丁度よいのではないでしょうか?
今回の10本の中で買うなら、このボトルですね。
 

 

次は、 ④78.50 ¥12,100 ベン・ネヴィス  

発売日 2022.3.4
熟成年数 8 Years
蒸留年 2012
カスク 2nd fill hogshead / Oloroso
地域 Highland
ボトリング本数 295
アルコール度数 59.21%

f:id:uribouwataru:20220319151823p:plain

 ■感想■

78番の蒸留所は、ベン・ネヴィス。オフィシャルの10年ものなどは、バニラの風味とフルーティーな味わいで、安くて飲みやすいと思うのですが、このボトルはかなり熟成感がある気がします。
干し柿や乾燥イチジクの、こってりした味わいが印象的です。深い味わいがお好きな方には、とても喜ばれる気がします。
 
 
 
次は、⑤113.35 ¥20,900 ブレイヴァル  在庫切れ
発売日 2022.3.4
熟成年数 22 Years
蒸留年 1997
カスク Refill Hogshead / Bourbon
地域 Speyside
ボトリング本数 237
アルコール度数 57.8%

f:id:uribouwataru:20220319151147p:plain

 ■感想■

113番の蒸留所は、ブレイヴァル。私は今回初めて飲む蒸留所のウイスキーになります。
今回飲んだ10本の中では一番ユニークな味わいです。スペイサイドのウイスキーなのですが、若草のようなレモンのような爽やかな香りが特徴です。
22年の熟成感はなく、むしろ草っぽい柑橘系の香りが何とも言えないボトルです。
過去飲んだウイスキーの中では、個性的なウイスキーのベスト3に入るような気がします。
 
 
 
次が、⑥RW3.2 ¥21,010 ライウイスキー
 
発売日 2022.2.25
熟成年数 4 Years
蒸留年 2015
カスク Refill barrel / Applejack
地域 New York
ボトリング本数 270
アルコール度数 56.4%

f:id:uribouwataru:20220319152150p:plain

 ■感想■

地域がNew Yorkということは、アメリカのウイスキーのようです。RWとはライウイスキーを表すそうです。
一番の特徴は、爽やかな果実味あふれる澄んだ香りです。
私もライウイスキーはあまり飲んだことはないのですが、あまりライウイスキーっぽくないところは良いと思います。癖のない味わいだと思います。
但し、余韻は独特のライ麦の風味が顔を出しますので、その辺で好き嫌いが分かれるかもしれません。
 
 
 
次が⑦93.165 ¥19,800 グレン・スコシア
発売日 2022.2.25
熟成年数 17 Years
蒸留年 2004
カスク Refill barrel / Guyanese rum
地域 Campbeltown
ボトリング本数 247
アルコール度数 55.3%

f:id:uribouwataru:20220319152740p:plain

■感想■

93番の蒸留所は、グレン・スコシア。
少しスモーキーで酸味と塩味のバランスが取れたウイスキーだと思います。17年ものとは思えないライトなテイストで、飲みやすいボトルではないかと思います。
 
 
 
次が、⑧5.79 ¥19,800 オーヘントッシャン
熟成年数 18 Years
蒸留年 2003
カスク 1st Fill Barrel / Bourbon
地域 Lowland
ボトリング本数 186
アルコール度数 55.4%

f:id:uribouwataru:20220319153220p:plain

■感想■

5番の蒸留所は、オーヘントッシャン。ローランドのウイスキーです。
多少パフューム(香水のような香り)感がありますので、この辺の感じ方で好き嫌いが分かれそうです。
私は、それほどいやではありあませんでした。クリームパンや高級クッキーのようなこってりした味わいもあり、女性には好まれそうな味わいだと思います。
今日飲んだ中では2番目に好印象でした。

 

 

次が、⑨59.65 ¥13,200 ティーニニック
発売日 2022.3.25
熟成年数 13 Years
蒸留年 2008
カスク 1st fill barrique / Red wine
地域 Highland
ボトリング本数 278
アルコール度数 55.7%

f:id:uribouwataru:20220319153813p:plain

■感想■

59番の蒸留所は、ティーニニック。赤みがかった原酒の色合いが特徴です。
このボトルは赤ワイン樽で熟成をフィニッシュさせている割に、しつこくない味わいが評価されていました。
甘いまろやかな香りは、とても印象に残ります。味わいもバタークッキーやプリンのようなコクのある甘さが素晴らしいと思います。
完熟したデーツを干したような、コクのある甘い味わいを連想します。甘いのがお好きな人には、イチオシのウイスキーです。
 
 
次は、⑩100.27 ¥13,750 ストラスミル
発売日 2022.3.25
熟成年数 11 Years
蒸留年 2010
カスク 1st fill Hogshead / Oloroso
地域 Speyside
ボトリング本数 155
アルコール度数 55.3%

f:id:uribouwataru:20220319154136p:plain

■感想■

100番の蒸留所は、ストラスミル。この蒸留所のウイスキーも初めて飲みます。
こってりした味わいのなかに、複雑な風味が織り込まれていて、なかなか美味しいと思いました。
後熟で使ったオロロソシェリー樽の影響が強く出ていて、原酒も赤みがかっており、かなり甘い仕上がりになっています。
単に甘いだけでなく、深みのある味わいが特徴ですが、かなり甘い風味なので、この辺が好みの分かれるところだと思います。
 
試飲は、各10㎖ですが、2時間近くかけてゆっくり味わいうと、結構酔う感じがします。加水してまで味わうことは、10㎖では難しいですが、10種類、合計100㎖をストレートで飲むと、体にはそこそこボディーブローで効いてくる感じがします。
 

 

次の2つのブログランキングに参加しています。クリックいただけると とってもうれしいです!
 
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
f:id:uribouwataru:20220319202418p:plain