紬とウィスキー ~ウイスキーブログと着物生地のブログ~

愉しめるウィスキーや素敵な紬生地など中心にご紹介していきます! よろしくお願いいたします。

着物生地(415)花模様織り出し麻混着物生地

購入年月日:2013年8月20日
購入場所:rinrin1191960さん
購入価格:100円(税込)送料別途
購入状態:着物、状態は優良
素材:麻混

 

今日は、岐阜の着物屋さんから昔購入した、麻混の着物を解いた生地です。

f:id:uribouwataru:20210927112836j:plain

f:id:uribouwataru:20210927112846j:plain

多少、化繊が混ざっているかもしれませんが、手触りは、ほぼ麻といった雰囲気です。

f:id:uribouwataru:20210927112857j:plain

f:id:uribouwataru:20210927112907j:plain

この着物を購入した岐阜の着物屋さんは、数年前からオークションの出品は途絶えております。

お年を召されていたので、廃業されたのかもしれません。

f:id:uribouwataru:20210927112918j:plain

f:id:uribouwataru:20210927112929j:plain

 

それでは詳しく状態を見ていきたいと思います。  

 

(地色・状態)

地色は、薄茶です。状態は大変良いです。着用可能の表示がありました。

 

(風合い)

とてもサラッと風合いです。透けた生地が涼しげです。

 

(用途)

すぐには思いつきません。寝間着替わりに浴衣などが作れると涼しくていいような気がします。固めの風合いですから、加工は難しいかもしれません。

 

まとめ
麻が主体の生地ですが、麻混の表示があったので、化繊も入っていると思われます。
少し固い風合いですが、涼し気な生地は加工の仕方によっては、夏場に重宝するものを作れる気がしてなりません。
どう活用するかも含めて、これから研究する必要があると思います。
 
 
次のブログランキングに参加しています。クリックいただけると とってもうれしいです! 
 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ

   

f:id:uribouwataru:20210927113823p:plain

/* * はてなブログに「音読する」ボタンを追加する ** 使い方 - 以下をコピーして デザイン編集 → カスタマイズ → フッタHTML に貼り付け ** 注意 - Web Speech API非対応のブラウザでは音読できません */ function speak (e) { speechSynthesis.cancel(); // Chromeで初回実行時にspeechSynthesis.pause()できない問題を解消するため、空文字で一度speechSynthesis.speak()しておく var empty_utter = new SpeechSynthesisUtterance(''); speechSynthesis.speak(empty_utter); var utter = new SpeechSynthesisUtterance(this.body); speechSynthesis.speak(utter); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', this); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } function pause (e) { speechSynthesis.pause(); e.currentTarget.textContent = '再開する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', pause); e.currentTarget.addEventListener('click', resume); } function resume (e) { speechSynthesis.resume(); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', resume); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } (function () { if (!window.speechSynthesis) return; document.querySelectorAll('article.entry').forEach(function (article) { var button = document.createElement('button'); button.type = 'button'; button.className = 'btn'; button.textContent = '音読する'; button.style = 'float: right'; article.querySelector('header').appendChild(button); var body = article.querySelector('.entry-content').textContent; button.addEventListener('click', { handleEvent: speak, body: body }); }); })(); Footer © 2022 GitHub, Inc. Footer navigation Terms Privacy Security Status Docs Contact GitHub Pricing API Training Blog About