紬とウィスキー ~ウイスキーブログと着物生地のブログ~

愉しめるウィスキーや素敵な紬生地など中心にご紹介していきます! よろしくお願いいたします。

着物生地(27) 韓国大島紬9マルキ

今日は私が、着物生地を集めるきっかけとなった生地について見ていきたいと思います。大島紬は、鹿児島や宮崎県、奄美大島などの特産品として有名ですが、日本から技術を持ち込んで、韓国でも作られた時期があります。

オークションで反物の端に「韓国大島」と記されたものも、たまに見受けられます。その当時、人件費が日本よりも安かったという理由で、韓国で作られただけで、技術的には国産品とくらべて大差はないのではないでしょうか。

f:id:uribouwataru:20210530212946j:plain

黒地に綺麗な空色の模様が織り込まれており、9マルキという細かな織り出しになっていて、もし国産で同様の反物を買ったら数十万円はしたのではないでしょうか?                          

f:id:uribouwataru:20210424070334j:plain

最初の頃にほどいた着物ですので、時間もかかりどのように洗ったら良いのかも分からず試行錯誤した記憶があります。今新ためて見てみると、やはり図柄と言い、黒と青のコントラストと言い、何時間見ていても飽きないものがあります。

f:id:uribouwataru:20210530213244j:plain

f:id:uribouwataru:20210530213224j:plain

初めて作ったのは、携帯電話を入れる小物入れだったと思います。自分としては良く出来たと思ったのですが、生地の印象も大きかったのではないでしょうか。このような生地が他にもあるのなら手に入れたい。そんな気持ちで、生地を集め、恐らく数百種類の生地を集めてしまったのではないかと思います。

 

 

f:id:uribouwataru:20210530213405p:plain

 

/* * はてなブログに「音読する」ボタンを追加する ** 使い方 - 以下をコピーして デザイン編集 → カスタマイズ → フッタHTML に貼り付け ** 注意 - Web Speech API非対応のブラウザでは音読できません */ function speak (e) { speechSynthesis.cancel(); // Chromeで初回実行時にspeechSynthesis.pause()できない問題を解消するため、空文字で一度speechSynthesis.speak()しておく var empty_utter = new SpeechSynthesisUtterance(''); speechSynthesis.speak(empty_utter); var utter = new SpeechSynthesisUtterance(this.body); speechSynthesis.speak(utter); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', this); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } function pause (e) { speechSynthesis.pause(); e.currentTarget.textContent = '再開する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', pause); e.currentTarget.addEventListener('click', resume); } function resume (e) { speechSynthesis.resume(); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', resume); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } (function () { if (!window.speechSynthesis) return; document.querySelectorAll('article.entry').forEach(function (article) { var button = document.createElement('button'); button.type = 'button'; button.className = 'btn'; button.textContent = '音読する'; button.style = 'float: right'; article.querySelector('header').appendChild(button); var body = article.querySelector('.entry-content').textContent; button.addEventListener('click', { handleEvent: speak, body: body }); }); })(); Footer © 2022 GitHub, Inc. Footer navigation Terms Privacy Security Status Docs Contact GitHub Pricing API Training Blog About