紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(48)グレンファークラス105 ミニボトル3本セットより

今日は、グレンファークラスミニボトルから105を取り上げます。

f:id:uribouwataru:20210530210715j:plain

f:id:uribouwataru:20210530210730j:plain

105は英国式のプルーフ表示で通常の表記にすると60%。ほとんど加水しないとのことで、カスクストレングスといってもいいようです。8〜10年熟成のモルトを主体としている割には、コクがあり、重量感のある飲み口が何とも言えません。

f:id:uribouwataru:20210530210802j:plain

香りは、10年の爽やかな甘い香とは、全然異なり鼻孔の奥まで沁みるような鋭さを感じます。やはり60%の原酒といった感じです。わずかに加水すると甘い香りが引き立ちます。

個人的には、1/4~1/5くらい加水して飲むと香りも衰えず、味も引き立ちとても美味しいと思います。バルヴェニー党の私としては、105がミニボトル三本シリーズの中では一番印象に残り美味しいと思いました。特売の105は3,500円くらいでフルボトルが買えるようです。早めに押さえておきたい1本です。

 

 

f:id:uribouwataru:20210530211012p:plain