紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

着物生地(26)黄八丈?

今日は私の憧れの着物生地、黄八丈です。この生地は八丈島で生産される伝統工芸品で、作り手が少なくなった現在大変貴重な生地となっています。

f:id:uribouwataru:20210530203914j:plain

どうしても欲しかったので、ほどいた生地を約1万円ほどで購入したものです。穴もあいているし、古いものだからこの値段で買えたのかもしれませんが、作家物の新品の反物ですと200~300万する生地も中にはあるようです。

f:id:uribouwataru:20210530203927p:plain

f:id:uribouwataru:20210530203943p:plain

最近は、中古の着物でシミや一部破損したものは安く手に入るようになりましたが、正直、本物かどうかいつも悩みながらオークションを見ています

黄八丈という商品名で、京都をはじめ国内では見極めが難しいくらい似ている生地が多く作られているからです。

証紙があれば問題ないのですが、無い物を買う場合は、本場の黄八丈ではない可能性があることを頭の片隅に置いておくべきでしょう。

 

いずれにしても、派手な生地ではなく、このような落ち着いた生地は何を作るにしても結構楽しめ、大切に使っていきたい生地の1つになっています。

 

 
次のブログランキングに参加しています。クリックいただけると とってもうれしいです! 

f:id:uribouwataru:20210530204441p:plain