紬とウィスキー ~ウイスキーブログと着物生地のブログ~

愉しめるウィスキーや素敵な紬生地など中心にご紹介していきます! よろしくお願いいたします。

着物生地(273)格子模様織り出し交織 洗い張り

購入年月日:2014年6月16日
購入場所:ヤフオク ミヤコシンエイ
購入価格:1円(税込)送料別途
購入状態:着物、状態 優良
素材:交織

 

今日は、羽織を洗張りした交織の生地です。欠点としては、数点の小穴、補修跡、数か所の薄地ジミの他に、多少変色したり黒ずんだりしているところがあります。それでも、使えない部分はごく一部で、ほとんどの部分は、問題なく使えると思います。

DSC_9423
パッと見、写真だと黄八丈のように見えます。感触は、化繊ぽいツルツルした感じがしますので、間違えることはないと思いますが、プレスも良くされていて、綺麗に仕上がっている方だと思います。                            
DSC_9431
問題は長い間箪笥などに放置されてていたためか、少し古臭い匂いがするため、天気が良い日に陰干しするか、少し日光に当てるのも良いかもしれません。このままだと使えないと思います。                                
DSC_9428
地色は、山吹色で落ち着いた感じの生地です。                    
DSC_9424
DSC_9427

f:id:uribouwataru:20210320201926j:plain

時間があるときに、一度洗いなおして陰干しして使うようにするつもりです。なんせ、1円で買った生地ですので惜しげもなく使えると思います。交織の生地は、洗濯後もプレスすればシワがあまり残らないので、使いやすい生地だといえます。       

問題としては、ちょっとツルツルしている感触が安っぽく感じるとこです。また、硬く柔軟性に乏しいところもあり、この生地で作る物の用途としては、あまり肌に触れるものではない、硬いものを入れる物入れや敷布などが良いと思います。         

反面、耐久性はありそうですので、繰り返し洗濯したり、多少の日光を浴びてもしばらくは活躍してくれると思います。生地の特性を考えながら使っていくことにします。



次のブログランキングに参加しています。クリックいただけると とってもうれしいです! 
/* * はてなブログに「音読する」ボタンを追加する ** 使い方 - 以下をコピーして デザイン編集 → カスタマイズ → フッタHTML に貼り付け ** 注意 - Web Speech API非対応のブラウザでは音読できません */ function speak (e) { speechSynthesis.cancel(); // Chromeで初回実行時にspeechSynthesis.pause()できない問題を解消するため、空文字で一度speechSynthesis.speak()しておく var empty_utter = new SpeechSynthesisUtterance(''); speechSynthesis.speak(empty_utter); var utter = new SpeechSynthesisUtterance(this.body); speechSynthesis.speak(utter); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', this); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } function pause (e) { speechSynthesis.pause(); e.currentTarget.textContent = '再開する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', pause); e.currentTarget.addEventListener('click', resume); } function resume (e) { speechSynthesis.resume(); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', resume); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } (function () { if (!window.speechSynthesis) return; document.querySelectorAll('article.entry').forEach(function (article) { var button = document.createElement('button'); button.type = 'button'; button.className = 'btn'; button.textContent = '音読する'; button.style = 'float: right'; article.querySelector('header').appendChild(button); var body = article.querySelector('.entry-content').textContent; button.addEventListener('click', { handleEvent: speak, body: body }); }); })(); Footer © 2022 GitHub, Inc. Footer navigation Terms Privacy Security Status Docs Contact GitHub Pricing API Training Blog About