紬とウィスキー ~ウイスキーブログと着物生地のブログ~

愉しめるウィスキーや素敵な紬生地など中心にご紹介していきます! よろしくお願いいたします。

着物生地(200)華紋織り出し正藍泥染大島紬(割込絣)

購入年月日:2014年10月27日
購入場所:ヤフオク シンエイ
購入価格:2,750円(税込) 送料別途500円(ヤマト運輸)
購入状態:着物、状態は優良
素材:絹

今日は、華紋織り出しの藍泥染の割込絣です。割込み絣は絣織の技術の中でも高度な技が要求されるようで、年々その技術ができる方が減って来ているようです。私自身、どこが割り込みなのかが全然わかっていません。

f:id:uribouwataru:20210403205153j:plain

大島の藍染は、当初の光沢のある風合いがだんだん薄れてきて、古いものを洗ったりすると藍染の部分がまだらになってしまったりするので、取り扱いは難しい面があります。

f:id:uribouwataru:20210403205210j:plain

 でもこの生地のようにきれいに着物がほどけて、洗い終わっても色落ちしないと、とても幸せな気持ちになります。

f:id:uribouwataru:20210403205231j:plain

 大ぶりの模様なので作る物は限られるかもしれません。でも、見栄えはとても良いので、素敵なものができると思います。

f:id:uribouwataru:20210403205250j:plain

 拡大したところです。藍の生地の中でもさらに青くアクセントの利いた模様がとても目立ちます。個人的にはとても好きな生地です。

f:id:uribouwataru:20210403205307j:plain

f:id:uribouwataru:20210403205322j:plain

 風合いも、大島紬独特のシャリ感のある柔らかさがとても良く出ていると思います。この生地でアロハシャツとかできたら、とても素敵ではないかと思っています。あまり頻繁に洗うことはできないかもしれませんが、将来的にはチャレンジしてみたいと思いっています。

/* * はてなブログに「音読する」ボタンを追加する ** 使い方 - 以下をコピーして デザイン編集 → カスタマイズ → フッタHTML に貼り付け ** 注意 - Web Speech API非対応のブラウザでは音読できません */ function speak (e) { speechSynthesis.cancel(); // Chromeで初回実行時にspeechSynthesis.pause()できない問題を解消するため、空文字で一度speechSynthesis.speak()しておく var empty_utter = new SpeechSynthesisUtterance(''); speechSynthesis.speak(empty_utter); var utter = new SpeechSynthesisUtterance(this.body); speechSynthesis.speak(utter); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', this); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } function pause (e) { speechSynthesis.pause(); e.currentTarget.textContent = '再開する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', pause); e.currentTarget.addEventListener('click', resume); } function resume (e) { speechSynthesis.resume(); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', resume); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } (function () { if (!window.speechSynthesis) return; document.querySelectorAll('article.entry').forEach(function (article) { var button = document.createElement('button'); button.type = 'button'; button.className = 'btn'; button.textContent = '音読する'; button.style = 'float: right'; article.querySelector('header').appendChild(button); var body = article.querySelector('.entry-content').textContent; button.addEventListener('click', { handleEvent: speak, body: body }); }); })(); Footer © 2022 GitHub, Inc. Footer navigation Terms Privacy Security Status Docs Contact GitHub Pricing API Training Blog About