紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(225)グロリアオーシャン 特級

購入年月日:2020年6月3日
購入場所:ヤフオク リサイクルショップ ネオスタンダード
購入価格:9本セット 30,140円 33,154円(税込)ラガブーリン16年旧ボトル他と併せて落札
送料(別途)1,000円 
商品状態:状態は優良
原料:モルト、グレーン(推測)
度数、容量:43%、760㎖ 
製造者:三楽オーシャン株式会社

今日は、以前から気になっていた船のボトルのグロリアオーシャン特級表示です。ラガヴーリンの旧ボトル他9本セットを落札したときに入っていたものです。単品でオークションで入手しようとすると、5,000円前後はしますので、結構安く入手できたと思います。

DSC_4375

綺麗な琥珀色のボトルです。少しボトルに傷がありますが、気になるレベルではなりません。

DSC_4376

そもそも三楽オーシャンってどのような会社だったのでしょうか?ウィキペディアを見ると三楽酒造がオーシャンを吸収合併して三楽オーシャン株式会社と社名変更したのが、1962年。私が生まれた頃です。裏面は薄れて読み取りずらくなっていますが、しっかりと「三楽オーシャン株式会社」と書かれています。

1985年には、三楽と社名変更していますので、このウィスキーは1962年から1985年の間に作られたものと言えます。1990年にメルシャンと社名変更した後は、麒麟麦酒にTOBを受け、傘下に入っています。

DSC_4377

このウィスキー、特筆すべきは今はなき軽井沢蒸留所のモルトが使われているということです。グレーンウィスキーも上質のものが使われています。

今ではオークションでは高値で手が出ない「軽井沢」のモルトを、ブレンデッドではありますが、味わうことができるのはありがたいと思います。

DSC_4378

初めて飲んだ時の最初の印象はぶどうの香りです。何の根拠もないのですが、ひょっとしたら、ぶどう酒の樽で寝かせたのか(後熟させたのか)と思うくらい、感じました。何の根拠もありません。

その後数回に分けて飲むと、ぶどうの香りや味わいは感じられず、辛口(ドライ)で甘露な味わいが前面に出てきます。結構アルコール感も感じますが、モルトの風味も感じられそこそこ美味しく飲めます。加水すると、あまり風味は残らない感じです。ストレートで飲む方が美味しいです。

全般的に、今までに経験したことのない味わいです。なんと表現したらよいか不思議な感じです。