紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(171)バランタインゴールドシール12年

購入年月日:2020年1月29日
購入場所:ヤフオク
購入価格:2,800円(税込):送料他の1本とあわせて1,000円
商品状態:状態は優良
原料:モルト、グレーン
度数、容量:40%、700㎖
輸入者:サントリー株式会社


今日は、バランタインゴールドシールの12年です。12年ものですが、結構立派な箱に入っています。容量は43%で700㎖ですので、最近のボトルではないかと思います。

 
オールドボトルは、ハズレもありますが、最近のボトルではキャップ臭等の影響もないので、安心して飲めると思います。

DSCPDC_0000_BURST20200208021348450


さわやかな麦の香り。マイルドな口当たり。多少甘めの口当たりですが、アルコールっぽさはなく、とてもすんなりと喉を通り抜けていきます。ストレートでもスイスイ飲めてしまうくらい、飲み口は最高に良いです。後味は、ほのかに麦の香りが広がり、総合バランスは、さすがバランタインといった感じです。オールドボトルに比べて、最近のボトルのレビューは、評価の低いものが多いですが、グレンフィディック同様、自分で飲まないで他人のレビューを鵜呑みにするのは危険な例の1つになるかもしれません。

ストレードのあと、加水しながらも飲んでみましたが、香りも引き立ちあまり水っぽくなることもなかったです。少し甘めの仕上がりが気になるところですが、最近の風潮を反映していると考えれば、これはこれでありなのかもしれません。変な味わいのオールドボトルよりも、現行のボトルを味わった方が美味しく飲めるケースも多いことを、あらためて感じることが出来のも意義があった気がします。せっかく手に入れたので、しばらくは大切に味わっていきたいと思います。