紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(102)カヴァラン SOLIST

今日は前から飲みたかった台湾のウィスキーカヴァランのソリストです。青いボトルがとても綺麗です。

例によって、豊田市のバー  ロンケーナさんでいただきました。カヴァランウィスキーについて、詳しく知りたい方は、イエノミスタイルさんのホームページが大変参考になります。

www.ienomistyle.com

DSC_1722

SOLISTとは、1つの樽から出されたボトルという事でネーミングいされているようです。ソリストシリーズは、ラベルの色も青以外に緑や紫など色々なボトルがあるようです。

DSC_1723

ボトルの裏には、日本語の表記の他に、ボトル詰めのタイムスタンプも記されています。

色合いは濃い琥珀色で、とてもフルーティーな香りが漂います。タイトルはソリストですが、オーケストラのような複雑な構成の香りです。

 

何も言われずに、出されたらブランデーと勘違いしてしまうほど、深みのあるコクのある甘い味わいです。ブランデーも好きな私にとっては、ストライクゾーンの風味です。後味もいつまでも続きます。

前から気にはなっていましたが、これほどとは思いませんでした。ソリストは現在2万円前後する高価なボトルです。すぐには手が出ませんが、そのうち手に入れたいウィスキーの1本として私の記憶に確かに刻み込まれた気がします。