紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ブログをはじめて4ケ月が経過しました

早いもので、ブログを始めて約4ケ月が経過しました。こんなに簡単に始められるなら、もっと早く始めれば良かったと思っています。現在、単身赴任している愛知県の豊田市は、車社会が前提になっている点を除けば、大きな図書館もあり、物価も安定しており過ごしやすい環境であると言えます。会社まで徒歩五分、歩道も整備され綺麗な街並みが続きます。

f:id:uribouwataru:20210613214733j:plain

市内には、レベルの高いバーが3か所もあり、仕事が終わってからプロのアドバイスに従って飲むウィスキーは、とてもおいしく感じられます。カクテルも季節の果物やオリジナルな素材を活用して提供してくれます。訪れるたびに新たな発見と楽しいひと時を過ごすことが出来、とても満足しています。

f:id:uribouwataru:20210613214743j:plain

休みの日には、梅林にも足を延ばし、自然環境を満喫しています。梅林からの景色も素晴らしいものがあります。

f:id:uribouwataru:20210613214752j:plain
東京の自宅に帰るのは、数か月に一度ですが定年まで2年余りになった現在、帰る車窓の窓から見える富士山を見て、これからの人生いったい何処に向かっているのだろうと、ぼんやりと考えてしまいます。

f:id:uribouwataru:20210613214801j:plain


歳を重ね、月日が経っていくうちに、過ぎていく時間の速さは加速度的に速くなっていく気がします。この歳になって、漸く自分にできることの少なさを痛感するようになりました。多くの失敗や後悔を重ねてやっと、といった感じです。あれもやりたい、これもやりたいという途方もない夢や妄想が消えて、わずかの経験値から少しのものが残ったといった感じです。

f:id:uribouwataru:20210613214811j:plain

せっかく、単身赴任で初めての土地に来ているのだから、あまりくよくよ考えずに、自分に与えられた貴重な時間を、限られた予算のなかで、楽しむしかないのかもしれません。

 
現在の家の近くになる拳母神社です。「ころも」と読みます。創建は12世紀で境内には、楠の大木や榧の木などもあり、趣深い風情です。豊田市は、1958年までの市名は拳母市。拳母はかつて衣とも記し、この土地が養蚕や絹織物と深い関係にあったことを物語るものだと思います。着物生地を集めている私にとっては、何か因縁のようなものを感じます。

f:id:uribouwataru:20210613214822j:plain

今の私には、下手な囲碁をネットで打つこと、ウィスキーを楽しむこと、着物の生地を集めて小物を作ること。それ以外は定年まで残り少ない日々の仕事を、楽しみながら一生懸命取り組むことしかないのかもしれません。いつまで豊田市にいるか分かりませんが、引き続きできることを楽しんでいきたいともいます。

f:id:uribouwataru:20210613214833j:plain

f:id:uribouwataru:20210613214844j:plain

最近作った巾着です。手織りの紬や、小紋、黄八丈などを使って作っています。

f:id:uribouwataru:20210613214854j:plain

 

次のブログランキングに参加しています。
クリックいただけると とってもうれしいです! 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ

f:id:uribouwataru:20210613214939p:plain