紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(71)ダルモア12年旧スレンダーボトル その2

購入年月日:2019年9月7日
購入場所:ヤフオク 
購入価格:7,250円(税込:送料別740円)
購入状態:箱あり、状態は普通、ダルモアの包み紙にて包装
原料:モルト
度数、容量:43%、750㎖

今日は、ダルモア
12
年の旧スレンダーボトルのひとつ前のボトルを落札することができましたので、取り上げたいと思います。

f:id:uribouwataru:20210613175111j:plain

一見、似たようなボトルですが、ボトルのキャップの表記と肩のラインの形が微妙に違います。 個人的にはたいした違いには見えないでのですが・・・。キャップの表記がPURE MALTになっています。

f:id:uribouwataru:20210613175122j:plain



前に取り上げたボトルは、SINGLE HIGHLAND MALTになっています。

uribouwataru.com 

f:id:uribouwataru:20210613175134j:plain


味の方の違いはというと・・・
PURE MALTボトルは、いかにもシングルモルトとう感じの麦っぽい乾いた風味です。香りは深い草むらの香りで、グラスを近づけると鼻孔をくすぐります。ゆっくり飲むと、次第に口当たりがよくなり爽やかな甘さを感じます。

一方、SINGLE HIGHLAND MALT表記のキャップのボトルの方は、香りはそれほど強くはなく、穏やかな微かに甘い香りです。味も甘露でビターチョコぽい感じがします。個人的には、このボトルの方が好みです。もう半分くらい飲んでしまいました。

お値段的に言うと、オークションでは今回落札したボトルの方が、数千円高いケースが多いかもしれません。私は、キャップにSINGLE HIGHLAND MALTと表記されているボトルの方がお値打ちで、お買い得ではないかと思っています。

その後、ダルモアはスレンダーボトルから、ずんぐりむっくりのダンピーなボトル変わります。ダンピーボトルの15年で失敗したので、12年の現行ボトルにはチャレンジしていませんが、違いが知りたくなりましたので、機会があれば現行ボトルも飲んで見たいと思ます。

 

  次の2つのブログランキングに参加しています。
クリックいただけると とってもうれしいです!
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
 
 
f:id:uribouwataru:20210613175220p:plain