紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(58)J&B JET

今日は、J&BのJETです。

f:id:uribouwataru:20210608093625j:plain

ラベルは、何やらごちゃごちゃいっぱい書いてありますが、似た形状のJETのボトルで12年ものがありますので、おそらく同じ12年ものではないかと思います。(12年ものを入手したらまた取り上げます)。

f:id:uribouwataru:20210608093636j:plain

J&Bは結構好きなウィスキーでたまに飲むのですが、昔の特級のボトルから今のボトルまで、そんなに大きく印象は変わった感じはしません。軽くてフルーティーな印象です。

f:id:uribouwataru:20210608093717j:plain

いろいろ英文で書いてますが、香りは爽やかで、味わいは60年代のジョニ赤のようです。とにかくフルーティーで美味しいです。コルクキャップはかなり危ない状況でしたが、風味は損なわれていませんでした。

f:id:uribouwataru:20210608093725j:plain

ちょうど、バルヴェニーのコルクキャップが余っていたので、代用できました。良い感じで収まります。ところで、J&Bとは、どのようなお酒なのでしょうか?J&Bの名前は、製造元のイニシャルから来ています。最もポピュラーなものは、グリーンボトルに、黄色のラベル。赤字でJ&Bと書かれたボトルが有名だと思います。

現在のボトルでも、30種類以上のモルトやグレーンウィスキーをブレンドして作られているそうです。お安い値段で気軽に飲めるスコッチですが、創業者はイタリア人で、好きなオペラ歌手を追いかけてロンドンに移住してきた人物です。

繊細な味わいは、どこかイタリアの情緒を感じさせられるような気もします。次は、久しぶりにJ&Bのグリーンボトルも飲んで味を較べてみたいと思います。

  次の2つのブログランキングに参加しています。
クリックいただけると とってもうれしいです!
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ