紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(501)SaGa30周年記念ボトル バーンサイド23年(バルヴェニー・グレンフィディック)

購入年月日:2021年9月29日
購入場所:個人
購入価格:22,000円(落札金額、 送料別:873円)
商品状態:優良
原料:モルト
度数、容量:49%、700㎖ 
輸入者:田地商店(信濃屋企画商品)

 

 

さて、今日はいよいよ楽しみにしていたボトルを開封したいと思います。

 

SaGa30周年記念ボトル バーンサイド23年。バルヴェニーとグレンフィディックのヴァテッドモルトです。

f:id:uribouwataru:20211009062051j:plain

f:id:uribouwataru:20211009062115j:plain

f:id:uribouwataru:20211009062203j:plain

f:id:uribouwataru:20211009062151j:plain

 

このボトルやシリーズの詳細は、記録的な意味も含めて、信濃屋のホームページを中心にまとめてあります。よろしければご参照願います。

 

uribouwataru.com

 

 

それでは早速飲んでみましょう!

 

〇開封

 問題なく開封できました。ボトルの状態も良い様です。

 

〇色合い

きれいな黄金色です。

f:id:uribouwataru:20211009062133j:plain

 
〇香り
  • とにかく開封と同時に華やかな花の香りが辺り一面に広がります
  • 最初の華やかな香りは時間とともに変化し、甘く澄んだ麦の香りに。最後はバニラ系の香りに収れん
  • 飲みだすと、甘みの強いクリームのような香りに変化

〇味わい
  • ほどよい酸味と季節限定販売のモンブランのケーキのような、まろやかな風味がアタックしてきます
  • さらっとした角の取れたグレンフィディックのうまみと、バルヴェニーのしっかりしたコクのある旨みが見事に絡み合う
  • 多少大袈裟ですが、芸術的とまで言えるようなクリーミーなコクと旨み
  • 後味は多少スパイシーで、甘いまろやかな味わいがいつまでも続きます
 
■まとめ■

このウィスキーの最大の特徴は香りです。飲むごとに、時間の経過ごとに変化していきます。uribouが財布の中身を空にしてまで、オークションで頑張った甲斐がある、素晴らしい内容でした。
バルヴェニー10年の旧ボトルとグレンフィディンク18年エクセレンスに少しだけ、バルヴェニーTUNの複雑さをトッピングとして加えた感じです。
信濃屋さんがかなり凝って手がけた逸品のように思えます。
まだまだウィスキー駆け出しのuribouですが、このような一品を入手する嗅覚は少しずつ、身についてきた気がします。
できれば、会社の4階にある食堂を貸し切って、ウィスキー好きの方々と集まって、一緒に楽しみたいボトルだと思います。

 

次の2つのブログランキングに参加しています。クリックいただけると とってもうれしいです!
 
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へf:id:uribouwataru:20211009062622p:plain