紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(431)グレンリベット 2006 12年 シグナトリーヴィンテージ パークアベニュー量り売り

ウィスキー名: グレンリベット 2006 12年 シグナトリーヴィンテージ 

容量、度数:20㎖、62.4%

販売者:パークアベニュー

 

今日は、ボトラーズVOL.4 、 シグナトリーヴィンテージ  グレンリベットの飲み比べになります。最初は、2006年蒸留の12年ものをご紹介いたします。パークアベニューさんの量り売りです。f:id:uribouwataru:20210614201517j:plain

 

f:id:uribouwataru:20210614190130j:plain


さて、早速いただいた感想ですが、

 

 <色合い>

濃いめに入れた紅茶のような色合い。少し赤みがかった琥珀色です。

 

<香り>

多少ツンときますが、甘いシナモントーストのような香りがします。

 

<味わい>

甘い風味は前回のんだ2007蒸留の11年ものに似ていますが、こちらの方が、ドライで芯の通った甘さです。華やかな甘さではないですが、毎日飲んでも飽きが来ない甘さだと思います。

度数がかなり高いですが、飲みだすとアルコール感はほとんど感じません。出来が良い証拠なのかもしれません。普通に飲めてしまうところが怖いです。

前回のリベットも、今回のリベットもできれば最初のうちは、ストレートで飲むことをおススメいたします。

少し加水してみましたが、味わいはストレートの方が断然おいしいです。なお、今回の2006年蒸留の12年物は、少し加水すると、風味は2007年蒸留の11年物にかなり近くなる気がします

 

いずれにしても、グレンリベットのボトラーズもの2本、とても個性的で美味しくいただけました。両者ともボトルで買っておいても良いと思います。

 

パークアベニューさんホームページより~

SIGNATORY VINTAGE シグナトリーヴィンテージ社

【GLENLIVET 2006 12YEARS】
グレンリベット 2006 12年熟成 62.4%


『シグナトリーヴィンテージ社のアンチル フィルタード コレクション。秩父ウイスキー祭り実行委員会がチョイスして特別に販売された祭りボトル。

1st FILL SHERRY BUTT。色は濃い目のカスクストレングス、砂糖菓子のような甘みとフルーティな甘みが両立しています。ちょっと度数高めですので少し加水しながら楽しんでください。』

 


  次の2つのブログランキングに参加しています。
クリックいただけると とってもうれしいです!
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

 f:id:uribouwataru:20210615172657p:plain