紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(386)ハイランドパーク18年 バイキングプライド

購入年月日:2021年4月25日
購入場所:酒の柏屋
購入価格:6,800円くらい(レシートなくしました;すいません)
商品状態:状態は優良
原料:モルト
度数、容量:43%、700㎖
輸入者:山陽物産(株)

 

 今日は、ハイランドパーク18年バイキングプライドです。12年とセットになっているものを購入しました。

f:id:uribouwataru:20210428113413j:plain

f:id:uribouwataru:20210428113510j:plain

小瓶はオマケみたいな位置づけですが、価格的には12年が4,000円そこそこで売っていますので、この小瓶は2,000円くらいの価値があります。バーで飲んだ方が安かったりして・・・。

f:id:uribouwataru:20210428142942j:plain

f:id:uribouwataru:20210428142956j:plain

では感想等について見て行きたいと思います。

<開栓>

スクリューキャップなのですぐ開きました。

<色合い>

綺麗な琥珀色。

f:id:uribouwataru:20210428143025j:plain

<香り>

すんだ麦畑の麦の匂い。すこし青臭いですが、徐々に甘い香りに変わります。

<味わい>

12年よりややスモーキーです。私にはちょうどよい感じです。飲み味は最初は12年ににていますが、18年はまったり感があり、コクのある味わいです。麦の味わいは、さらに濃縮された感じがします。ドライでスパイシーな感じはかなりします。

<喉越し>

スムーズです。12年よりは重め。

<余韻>

やや甘い後味と、唾液を誘うスパイシーさが余韻として残るところは、12年に似てます。濃縮された麦感が評価の分かれめかもしれません。

f:id:uribouwataru:20210428143011j:plain


<総合評価>

18年はお値段も結構するので、12年と飲み比べるとかなり割高に感じます(18年1本で12年が三本くらい買えます)。12年と方向性も似ていて、甘さもくどい気がします。差別化があまり図かれていないうえに、甘さも取ってつけたよう。18年のシングルモルトを飲むというトキメキ感はありません。

反面、コスパは12年が抜群によいので、18年を買うなら12年をたくさん買ってどんどん飲んだ方が良いと思います。それにしても3世代くらい前の12年は、抜群においしかったです。

uribouwataru.com

 

 

次のブログランキングに参加しています。
クリックいただけると とってもうれしいです!