紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

焼酎 マルスウイスキーの蔵元 本坊酒造 貴匠蔵 玉茜

今日はマルスウイスキーの蔵元、本坊酒造さんが出されている芋焼酎をご紹介いたします。
f:id:uribouwataru:20210320071809j:plain
主力の芋焼酎は、一升瓶のさくらじまだと思います。一升瓶で2千円しないで飲める価格設定は、酒造りの本質を貫いている気がしてなりません。
f:id:uribouwataru:20210320072122j:plain
f:id:uribouwataru:20210320072346j:plain
飲んて見ると、甘く爽やかな飲み心地ですが、魔王や富乃宝山とくらべると、媚びないというか、美味しけど過度に飲みすぎることがない味わいに仕上がっているように思えます。
もちろん中村や海からのおくりもののようなガッツリとした芋ぽさはないですが、上品に洗練された誇り高い味わいが感じられます。
f:id:uribouwataru:20210320073124j:plain
あらためて、本坊酒造のホームページを見ると、物作りへのこだわりが感じられて飲んているグラスがどんどん減っていきます。朝7時から酔っぱらってしまいそうです。