紬とウィスキー ~ウイスキーブログと着物生地のブログ~

愉しめるウィスキーや素敵な紬生地など中心にご紹介していきます! よろしくお願いいたします。

着物生地(283)アンティーク久留米絣

購入年月日:2014年8月31日
購入場所:ヤフオクストア 浪漫∞区(浪漫無限区)
購入価格:1,100円 (税込:1,188円)送料別途800円
購入状態:着物、状態は優良                            素材:綿


今日は、年代物の久留米絣を取り上げます。この生地は、かなり複雑な絣模様になっていますが、私が知る久留米絣は十字絣で昔の書生さんが来ているようなイメージの着物が思い浮かびます。私も自分の普段着用に十字絣の久留米絣の着物を一着持っています。

KIMG0569

この生地は、着物を解いたものですが、私が従来から持っている十字絣の久留米絣の着物よりもしなやかな風合いになっています。

KIMG0570

女性の着物は、このような大振りの模様が多く、男性用は十字絣のような細かな絣模様が多いようです。戦前のバンカラ学生の定番の着物生地として愛用され、丈夫で長持ちするのが好評でした。

KIMG0571

この生地のベースになった着物は、運よく1,000円ちょっとで落札することができましたが、最近は綿の生地や着物は高値が付くことが多いため、正絹の着物よりも入手が難しくなりつつあります。

人気がある理由としては、解いた後の加工等の再利用が綿生地の場合、とてもしやすいことがあげられると思います。色落ちさえ気にしておけば、大抵の場合洗濯機で楽に洗うことができ、アイロンがけもシワにならずに容易にかけることができるからです。

この生地は、絣が大ぶりですがとてもしなやかで、状態も良い生地です。この生地の風合いを生かしたものを作れればと思いっています。作るものが決まるまでは、綿の生地はあまり持っていなので、大切に保管していきたいと思います。



次のブログランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
/* * はてなブログに「音読する」ボタンを追加する ** 使い方 - 以下をコピーして デザイン編集 → カスタマイズ → フッタHTML に貼り付け ** 注意 - Web Speech API非対応のブラウザでは音読できません */ function speak (e) { speechSynthesis.cancel(); // Chromeで初回実行時にspeechSynthesis.pause()できない問題を解消するため、空文字で一度speechSynthesis.speak()しておく var empty_utter = new SpeechSynthesisUtterance(''); speechSynthesis.speak(empty_utter); var utter = new SpeechSynthesisUtterance(this.body); speechSynthesis.speak(utter); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', this); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } function pause (e) { speechSynthesis.pause(); e.currentTarget.textContent = '再開する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', pause); e.currentTarget.addEventListener('click', resume); } function resume (e) { speechSynthesis.resume(); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', resume); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } (function () { if (!window.speechSynthesis) return; document.querySelectorAll('article.entry').forEach(function (article) { var button = document.createElement('button'); button.type = 'button'; button.className = 'btn'; button.textContent = '音読する'; button.style = 'float: right'; article.querySelector('header').appendChild(button); var body = article.querySelector('.entry-content').textContent; button.addEventListener('click', { handleEvent: speak, body: body }); }); })(); Footer © 2022 GitHub, Inc. Footer navigation Terms Privacy Security Status Docs Contact GitHub Pricing API Training Blog About