紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

着物生地(248)越後絵絣着物生地


購入年月日:2014年7月14日
購入場所:ヤフオク シンエイ
購入価格:552円(税込) 送料別途(ヤマト運輸)
購入状態:着物、状態 優良 
素材:絹


今日は、越後絵絣の着物生地です。厚手の生地ですが柔らかい感じの生地だと思います。茶色の生地に、絣模様がアクセントとして映えています。

DSC_8779


越後絵絣は、この生地を含めいくつか持っていますが、総じて絣の柄が大きいものが多いです。もう少し小さめの柄だと使い勝手が良いのですが、なかなか思うようなものは手に入りません。過去、この生地では、大きめの巾着を作ったり、買い物用の袋を作った気がします。結構大きめの物を入れるには、生地が厚いので丈夫で良かったと思います。

DSC_8783
_20201206_085224

色合いを写真で上手に再現するのが難しく、一番下の写真が近いかもしれません。もう少し写真の腕前をあげて、実物に近い写真を撮れるよう努力していきます。

さて、話は変わりますが、紬は使い続けると風合いや色合いも変化してきます。変化を楽しみながら長く楽しむ事ができます。色合いが薄れてきたからと言って、すぐに捨てずに別な用途で使っていくと、かえって味わいが別の効果を生む場合もあります。

昔の人は、着物の生地は何回も大切に使いまわしをして、容易には捨てなかったと思います。紬や綿の生地は、現代でも大切に使いまわししていくことが出来、それぞれのステージで味わいのある役割を果たしてくれるのではないかと思います。私自身、出来ることがないか考えて行くつもりです。


次のブログランキングに参加しています。クリックいただけると励みになります!