紬とウィスキー ~ウイスキーブログと着物生地のブログ~

愉しめるウィスキーや素敵な紬生地など中心にご紹介していきます! よろしくお願いいたします。

着物生地(234)型染 流水に楓・桜模様上代紬


購入年月日:2014年10月1日
購入場所:ヤフオク シンエイ
購入価格:510円(税込) 送料別途(ヤマト運輸)
購入状態:着物、状態は優良
素材:絹
                  

今日は、型染の上代紬です。薄い夕暮れ色に型染の楓や桜の模様が流水に流れています。この生地も写真に撮るのが難しく、思ったような色合いが出ませんでした。

DSC_1037

クリーム色に地色が写っています。全く違います!!

DSC_1038
DSC_1039

生地の柄は、綺麗に映っているのですが、先ほど述べた通り、色合いは全く違います。今回もマニュアルモードで挑戦しましたが、うまくいきません。

DSC_1040
DSC_1041

ピンボケですが、最後の写真が実際の色合いに一番近いです。
色合いの話はこのくらいにして、この生地の風合いについて触れます。実はこの生地、とても硬いのです。

シンエイさんで落札する多くの上代紬は、とても硬くて丈夫そうな風合いなのです。ちょっとくらい引っ張ってもびくともしません。昔、筆箱で「象が乗っても壊れない」というキャッチが、CMでよく流れていましたが、そんな感じです。

勿論、生地ですから踏んで壊れることはないでしょうが、それほど丈夫そうに見える生地なのです。木の枠にはめ込んだら太鼓の皮にでもなりそうな雰囲気です。(笑)

したがって、碁石袋くらいにはなりそうですが、やわらかい材質の物を入れる袋には向かないかもしれません。碁石袋も、スワブテの高級蛤石(白石)は避けたいところです。

丈夫なことは良いことかもしれませが、丈夫すぎるのも問題がありそうです。着物としても重く感じる気もします。使い道は限られるかもしれませんが、工夫してうまく使っていきたいと思います。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ




/* * はてなブログに「音読する」ボタンを追加する ** 使い方 - 以下をコピーして デザイン編集 → カスタマイズ → フッタHTML に貼り付け ** 注意 - Web Speech API非対応のブラウザでは音読できません */ function speak (e) { speechSynthesis.cancel(); // Chromeで初回実行時にspeechSynthesis.pause()できない問題を解消するため、空文字で一度speechSynthesis.speak()しておく var empty_utter = new SpeechSynthesisUtterance(''); speechSynthesis.speak(empty_utter); var utter = new SpeechSynthesisUtterance(this.body); speechSynthesis.speak(utter); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', this); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } function pause (e) { speechSynthesis.pause(); e.currentTarget.textContent = '再開する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', pause); e.currentTarget.addEventListener('click', resume); } function resume (e) { speechSynthesis.resume(); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', resume); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } (function () { if (!window.speechSynthesis) return; document.querySelectorAll('article.entry').forEach(function (article) { var button = document.createElement('button'); button.type = 'button'; button.className = 'btn'; button.textContent = '音読する'; button.style = 'float: right'; article.querySelector('header').appendChild(button); var body = article.querySelector('.entry-content').textContent; button.addEventListener('click', { handleEvent: speak, body: body }); }); })(); Footer © 2022 GitHub, Inc. Footer navigation Terms Privacy Security Status Docs Contact GitHub Pricing API Training Blog About