紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(116)フィンドレイター15年

購入年月日:不明(おそらくセットで入手)
購入場所:ヤフオク 
購入価格:不明
購入状態:箱なし、良好
原料:不明
度数、容量:43%、750㎖ 特級表示

今日はフィンドレイターの15年です。

f:id:uribouwataru:20210627154213j:plain

たまにオークションで見かけますがあまり高値はつかないようです。

DSC_1813

裏の小さなラベルには、ウイスキー(特級)750㎖、43度、引取先:沖縄センチュリーとあります。

DSC_1815
DSC_1816

飲み口は、とてもマイルドでコクがあり美味しいです。モルティな感じが何とも言えません。オークションでは2,000~3,000円程度です。でも、最近はさらに値崩れしているようで1,000円ちょっとで買える時もあるようです。人気がないからで、同じクラスの国内外のウィスキーを買うより美味しいと思うのですが。

DSC_1997

このフィンドレイターという名前の由来は、このウィスキーの生みの親が、17世紀のスコットランド王よりフィンドレイター伯を名乗ることを許されたことに由来します。なんとも由緒正しきウィスキーであることことか。フィンドレイターとのフィンとは、ゲール語で「白」を意味し、地の果ての白い土地という意味があるそうです。主要モルトは、タムナブーリン、トミントール、タリバーディンなどです。ボトルを見る限りモルト以外にグレーンが含まれるかは不明ですが、値段の割には十分楽しめるお値打ちな1本ではないかと思います。