紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(109)ホワイト&マッカイ21年

購入年月日:不明(3年前くらい)
購入場所:ヤフオク 
購入価格:不明
購入状態:箱なし、状態は普通
原料:モルト、グレーン
度数、容量:43%、750㎖

今日は、ホワイト&マッカイの21年です。このボトルも気になっていたボトルの1つです。丸い形に首から下げているプレートが高級感を醸し出しています。

DSC_1818

ホワイト&マッカイは、以前も触れましたがキーモルトの1つがダルモアです。ちょっと飲んだ印象は、ダルモアの旧ボトルを上品にした感じです。

多少液面が下がっていますが、澱もなく状態は結構いい感じです。

DSC_1823

深い琥珀色で、じっと見ていると吸い込まれそうです。

ぱっと見、スクリューキャップかと勘違いしてねじったら、コルクが飛び散ってしまいました。おそらく、慎重に開けてもうまくいかなかったと思います。コルクはかなりもろくなっていたのかもしれません。

DSC_1854

香りは甘いドライフルーツのような香りです。先ほども触れましたが、飲んだ感じはまさに上品なダルモア。黒糖のような甘露さ、ふくらみのある味わい。とても美味しいです。少し加水しても、美味しさは変わりません。余韻は微かに爽やかな麦の香りがします。

見るからに美味しそうに見えるこのボトル。年々オークションでは玉数が減ってきているような気がします。かなり古いボトルですので状態の良し悪しは、飲んで見ないと判らない難点があります。

でも、今回のように当たればとてもリッチでコクのある味わいを楽しむことができます。飲まれたこのとない方は、オークションで5,000円前後で出ていますので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。