紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(59)J&Bレア ミニボトル特級

今日は、J&Bレアのミニボトルです。

f:id:uribouwataru:20210608095142j:plain

一番右のボトルは、J&BJETを開けたときに、比較する意味で開封しました。味は、現行のJ&Bに近い印象を受けました。残る二本も大差ないかな、と感じながらも念のため開けて比較してみることにしました。

f:id:uribouwataru:20210608095153j:plain

よく見ると、紋章やラベルの字体も特級表示のボトルの割には微妙に違っています。扱い(輸入業者)は、三本とも三井物産です。

f:id:uribouwataru:20210608095204j:plain

具体的に見ていきます。風味はどうなのでしょうか?

f:id:uribouwataru:20210608095215j:plain

まず、色合いは、左側のボトルは、薄い色合いです。多少澱があります。反面、写真に向かって右側のボトルは色がやや濃く、J&Bぽくありません。グラスに近づくだけでとても華やかな香りが漂います。一口飲むだけで60年代のロイヤルサルートのような甘露で奥深い味わいが広がります。これはかなりイケます!余韻もそこそこ続き、幸せな気分です。(このラベルのフルボトルがあれば絶対即買いをおススメします)。

左側の澱がある方も多少アルコールが鼻を突きますが、風味は悪くないです。後味も悪くなく、レベルはかなり高いと思います。特級表示のJ&Bレア、前回のJET以上です。フルボトルも何本か落札して、再度記事で取り上げて、じっくり検証したいと思います。

 

次のブログランキングに参加しています。クリックいただけると嬉しいです。