紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(464)ブラックニッカウィスキー ウィスキー1級

購入年月日:2020年12月27日

購入場所:ヤフオク 個人

購入価格:ミニボトル54本セット 8,999円(税込)で落札
_20201229_142315

送料(別途)1,330円 ゆうパック
商品状態:状態は良
原料:非表示
度数、容量:42%、50㎖ 
輸入者:ニッカウヰスキー株式会社

今日は、1級表示のブラックニッカのミニボトルです。 

f:id:uribouwataru:20210721092826j:plain

f:id:uribouwataru:20210721092858j:plain

ボトルは、多少古びていますが、中味は大丈夫そうです。

f:id:uribouwataru:20210721092913j:plain

f:id:uribouwataru:20210721092928j:plain

 

それでは、実際に飲んでみたいと思います。

 

〇開封

キャップが固着しており、かなり力を要しました

 

〇色合い

やや薄い琥珀色

 
〇香り
多少ツンときます。ミントの香りが少しします

〇味わい
  • のっぺりとした味わいです
  • 原料が表示されていませんでしたが、グレーンウィスキーの割合が結構多そうな感じです。とって付けたような甘さを感じます
  • もう一本あるので、両方飲んでみないと分からない要素はあると思いますが、余市のモルトの風味が微かに感じられる気はします

 

■まとめ■
80年代は、日本のウィスキーのある意味真価が問われ始めた黎明期です。シングルモルトがすべったころんだなんて言うのは、もっとずっと後の話です。同じ時期のカティーサーク(スコッチ)のミニボトルを飲んでみましたが、コクのある味わいに押されて、ブラックニッカの存在は薄くなってしまいます。スコッチの存在は、この時期も、そして現在も大きな存在だと言えるのではないでしょうか?
 

f:id:uribouwataru:20210721095410j:plain

⇑うまい。シングルモルトが好きな方にも、昔の特級表示のスコッチは味わって欲しいです。ミニボトルが意外とハズレ少ないですよ。
 

次の2つのブログランキングに参加しています。クリックいただけると とってもうれしいです!
 
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

f:id:uribouwataru:20210721094133p:plain