紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(332)マルスウィスキー駒ヶ岳 ダブルカスク

今日は、豊田市の思い出シリーズ第3弾です。ロンケーナさんでいただいたマルスウィスキー、駒ヶ岳ダブルカスクです。

f:id:uribouwataru:20210322211530j:plain

2種類のピート数値が違うボトルを合わせたボトルになります。蒸留が2016年5月と6月で瓶詰めが2019年の9月になります。

f:id:uribouwataru:20210809174447j:plain

f:id:uribouwataru:20210322212131j:plain

 早速飲んだ印象をご紹介いたしますと、非常にピーティーで、スモーキーな味わいでした。アルコール度は、61度でかなり高いです。このボトルに関しては、度数表示並みの強さを感じました。

しかし、飲み進めるにつれ、度数の強感はだんだんと弱まり、甘い味わいが顔を出します。また、香りについては、無臭に近い感じでしたが、飲み進むにつれて、芯の強い甘い香りと味わいを強く感じるようになります。

色合いもやや薄目の琥珀色で、若さが前面に出る感じの味わいですが、このような荒々しい味わいも時には楽しいかもしれません。機会があればもう一度味わってみたい気がします。

 

次のブログランキングに参加しています。クリックいただけると とってもうれしいです!

 

 
次のブログランキングに参加しています。クリックいただけると とってもうれしいです!

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ