紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(220) ロイヤルロッホナガー12年

購入年月日:2020年4月28日
購入場所:ヤフオク
購入価格:3本セット 4,000円(税込)デベロン12年、グレンモーレンジ オリジナル10年、ロイヤルロッホナガー12年     
送料(別途) 
商品状態:状態は優良、ただし開封済
原料:モルト
度数、容量:40%、700㎖ 
輸入者:麒麟麦酒株式会社

今日は、ロイヤルロッホナガー12年の現行ボトルです。閉店されるバーから譲っていただいたものです。
f:id:uribouwataru:20210414052121j:plain ロイヤルロッホナガー蒸留所は、1845年にハイランドのディー川の近くに設立され、スコットランドでは小さな規模の蒸留所です。ロイヤルという名が名乗れるようになった経緯は、蒸留所設立後に、近くのお城を英王室が購入し、離宮として使ったことがきっかけ。その後、お付き合いが始まり王室のお気に入り銘柄として、「王室御用達」となったとのことです。(土屋守氏のシングルモルト大全より)。

f:id:uribouwataru:20210414052151j:plain

メインは12年物ですが、ほとんどはVAT69の原酒に回されるため、シングルモルトとしての流通量はそれほど多くない模様。

f:id:uribouwataru:20210414052209j:plain

味は、マイルドでスムーズに飲めるウィスキー。甘く爽やかな香りは、飲み口が良いため量が進んでしまう雰囲気です。なお、飲み進むうちにドライな辛口の味わいも増し、かすかなニッキのような風味も顔を出します。何んて表現したらよいか分かりませんが、意外と複雑な味わいもします。

そんなに多くの種類が出ているわけではないので、旧ボトルやリザーブ(木箱入り)なども飲む機会があれば味わって見たいと思います。