紬とウィスキー ~ウイスキーブログと着物生地のブログ~

愉しめるウィスキーや素敵な紬生地など中心にご紹介していきます! よろしくお願いいたします。

着物生地(362)縞織り出し手織り真綿紬

購入年月日:2015年8月3日
購入場所:ヤフオクストア シンエイ
購入価格:501円(税込)送料別途
購入状態:着物、状態は優良
素材:絹 

 

今日は、縞織り出しの手織り真綿紬です。

f:id:uribouwataru:20210627220104j:plain
f:id:uribouwataru:20210627220049j:plain

f:id:uribouwataru:20210627220003j:plain

f:id:uribouwataru:20210627220017j:plain

色合いは結構近いのですが、少し暗く写ってしまいました。携帯のマニュアルモードは撮影が難しいです。 

f:id:uribouwataru:20210627220034j:plain

真綿紬らしい面もありますが、反面、綿の生地ようなかたい感触も少し感じられます。写真を見ると、余り真綿紬っぽく見えないかもしれません。

f:id:uribouwataru:20210627220123j:plain

おそらくこの生地は使い込めばこむほど、柔らかい風合いになっていくような気がします。

着物で落札しましたが、綺麗にアイロンもでき、生地としての状態はとても良いと思います。

オークションでの表示も「着用可能」とのことでした。このレベルの真綿紬が500円くらいで落札できたのは、お買い得だったと思います。

 

あとは、縦の線の模様(縞模様)をいかに生かした物を作るかだと思います。

見た目は、縞模様の生地は素敵なのですが、縫い合わせなどを間違うと、縞が斜めになってしまい出来栄えが格好悪くなってしまいます

 

難しい面もありますが、上手に活用方法を考えたいと思います。

 

次のブログランキングに参加しています。
クリックいただけると とってもうれしいです!
 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
 

 f:id:uribouwataru:20210628112019p:plain

/* * はてなブログに「音読する」ボタンを追加する ** 使い方 - 以下をコピーして デザイン編集 → カスタマイズ → フッタHTML に貼り付け ** 注意 - Web Speech API非対応のブラウザでは音読できません */ function speak (e) { speechSynthesis.cancel(); // Chromeで初回実行時にspeechSynthesis.pause()できない問題を解消するため、空文字で一度speechSynthesis.speak()しておく var empty_utter = new SpeechSynthesisUtterance(''); speechSynthesis.speak(empty_utter); var utter = new SpeechSynthesisUtterance(this.body); speechSynthesis.speak(utter); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', this); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } function pause (e) { speechSynthesis.pause(); e.currentTarget.textContent = '再開する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', pause); e.currentTarget.addEventListener('click', resume); } function resume (e) { speechSynthesis.resume(); e.currentTarget.textContent = '停止する'; e.currentTarget.removeEventListener('click', resume); e.currentTarget.addEventListener('click', pause); } (function () { if (!window.speechSynthesis) return; document.querySelectorAll('article.entry').forEach(function (article) { var button = document.createElement('button'); button.type = 'button'; button.className = 'btn'; button.textContent = '音読する'; button.style = 'float: right'; article.querySelector('header').appendChild(button); var body = article.querySelector('.entry-content').textContent; button.addEventListener('click', { handleEvent: speak, body: body }); }); })(); Footer © 2022 GitHub, Inc. Footer navigation Terms Privacy Security Status Docs Contact GitHub Pricing API Training Blog About