紬とウィスキー

ウィスキーの感想と紬生地の愉しみ方などを掲載していきます!

ウィスキー(37)リンクウッド12年750㎖旧ボトル

今日は私が最近通っているバーでいただいたウィスキーです。こちらのお店は、カクテルも美味しいのですが、マスターが私の好み(と予算に)に合った美味しいウィスキーを出して下さるとても居心地のいいお店です。

入り口は、大きな楠がお店の横から聳え立ち、ほのかな明かりに赤いテント生地が浮かび上がる幻想的な佇まいです。

f:id:uribouwataru:20210530163958j:plain

いただいたウィスキーは、リンクウッドの特級表示の12年ものの旧ボトルです。今日は、それよりも少し古いボトルも飲みましたが、最初にチャレンジしたのがこのボトルになります。

f:id:uribouwataru:20210530164010j:plain

f:id:uribouwataru:20210530164022j:plain

扱は巴工業で、このボトルをはじめ結構レベルの高いウィスキーを取り扱われていたとのことです。


f:id:uribouwataru:20210530164033j:plain

お酒の色合いは、とてもきれいなやや薄めの琥珀色で、香りもフルーティで爽やかな感じです。ちょっと口に含むと甘露で、やや軽めでありながら後味はしっかりしていてとても美味しいお酒です。80年代のロイヤルサールト、ボトラーズのストラスアイラに通じるおいしさを感じました。

このボトルは、家にあったら半分ぐらいあっという間に飲んでしまいそうで怖いです。最近は、ラベルが白鳥で700㎖になっていますが、もともとヘイグやホワイトホース等の原酒として供給されるのがメインだったようで、シングルモルトで世の中に出回っているのは12年ものがほとんどのようです。

このような貴重なお酒は、外に飲みに行かないと、中々出会えないのではないかと思います。とても楽しいひと時を過ごすことができました。
 

次のブログランキングに参加しています。クリックいただけると励みになります!